転職ノウハウ

内定を辞退?
2018.04.21| カテゴリー: その他

内定を辞退?

こんにちは。転職活動をする上で、1社だけでなく数社へ同時に応募される方も少なくないと思います。
現在は人手不足などもあり、売り手市場(雇う側より就職する側の方が有利)だともいわれていますので、数社受けた結果、2社以上から内定をもらうということも多くあるかと思います。
そんな時、内定は辞退してもいいのでしょうか? また、どのようにお断りしたらいいのでしょうか?

 

本命以外であればすぐに承諾せずに保留を

いろんな労力や気苦労をすることになるため、できれば内定辞退は避けていただきたいのが本音です。本命以外の会社から内定をいただいた際には、可能であれば、すぐに承諾せずに、「少しお時間いただけますか?」などと保留させていただくことをお勧めいたします。理由を聞かれたら、個人的には正直に答えてほしいですが、会社によっては嫌な思いをさせてしまうかもしれませんので、「家族と相談して」などと答えるのが無難かもしれませんね。

 

内定までの流れ

まずは一般的な内定までの流れを整理しましょう。

書類選考⇒試験(筆記・面接など)⇒内定(電話・封書など)⇒内定承諾書(雇用契約書)の提出⇒入社

一般的にはこのような流れになりますが、中には内定承諾書が無い会社もあります。
法律的には内定承諾書を出しても辞退は可能ですが、常識的に考えると、一旦承諾書を提出してしまうと、内定辞退はかなり会社側に迷惑をかけてしまうことになってしまいます。できるだけ、承諾書を提出する前に1社に絞って、辞退をする会社にはその意思を伝えましょう。

また、企業によっては、内定承諾書が無い企業もありますので、そこは注意が必要です。
そんな時に一番大事なのは早めの連絡です。会社はあなたに内定を出したらすぐに準備を始めます。そのため、早めに連絡をしてもらうことで、無駄な動きもせずに済みますし、他の方を探す時間もできます。

 

内定を辞退する時のマナー

2社以上から内定をもらった場合、必ずどちらかは辞退することになりますが、その際にいくつかの注意点があります。

  1.  辞退はメールなどではなく電話で
    内定辞退は企業にとっては大きな痛手です。
    そのため、こちら側も誠実に対処する必要があると思います。
    お電話で事情を説明した上で手紙を送るとより誠実さが伝わりますね。
  2.  まずは、お礼を言いましょう。
    内定を出すということは、当たり前ですが、その会社はあなたを採用したいと
    思っていらっしゃる会社です。また、あなたを認めていただいた会社です。
    そのため、まずは御礼を言うことを忘れないでください。
  3.  できるだけ決断は早めに
    当たり前のことですが、どうしても入社できない事情が発生したら、即時に連絡をしましょう。
    内定を出した後、会社側はあなたの入社に向けて色々な手続きや備品などの準備を始めます。
    そのため、迷ったら早めにお電話で相談されてください。

 

何を優先するのか?

さて、2社から1社に絞る際、どのように決めましょうか。迷われることも多いと思いますが、ご自身にとってより納得のいく会社に入社されるのがいいと思います。

納得というのは、条件や雰囲気も含めて、自分自身が仕事を前向きに捉え、頑張れるか?だと思いますので、2社以上から内定をもらった場合には、必ず自分がそこでどういうふうに働くのかイメージしてみてくださいね。もし、イメージが湧かないようであれば、それはあまりマッチしない会社なのかもしれません。試験を受ける前に、しっかりと考えて応募することが大事になってきます。

 

まとめ

内定を辞退すること自体は、仕方のないことかもしれませんが、大切なのは誠意を持って対応して、相手に不快な思いを抱かせないようにすることです。お互いが納得できるように、丁寧に話をすることだと思います。

 


貴方の転職が天職となりますように・・・

社長と従業員の間で愛を叫ぶキャリアコンサルタント

田上寛美