転職ノウハウ

求人情報を使って、企業のことをもっと詳しく知りましょう!
2018.04.27| カテゴリー: その他

求人情報を使って、企業のことをもっと詳しく知りましょう!

10回以上転職しているキャリアコンサルタントのスナパパです。

求人情報のキーワードから、何となく仕事を探している方を見かけます。どのような企業なのか、なぜ志望するのかがはっきりしないままに応募する方もいらっしゃるのではないでしょうか。採用されたとしても入社後に、(こんなはずじゃなかった・・)と思う方もいるのでは!? 自分が探している仕事や企業はどのようなものかをつかんだ上で、活動してみませんか。

 

あなたが仕事で重視することは?

合コンやお見合いで、見た目だけで相手を選んで後悔したことはありませんか? 仕事探しも同じです。相手のことをよく知り、「自分にとってどうなのか」「自分は相手にとってどうなのか」を調べてみるといいと思うのです。

求人情報のいろいろな項目を見ていくと、自分にとって重要なキーワードや優先度が見えてくることがあります。残業は月10時間ぐらいに抑えたい、週休2日で平日と日曜休みがいい、多少遠くてもマイカー通勤がいい、など、重視する点は人によって違うでしょう。

100点満点の仕事が見つかれば最高なのですが、なかなか見つからないことも多いですよね。自分が探している職種、大事にしたいこと、そのために譲歩できることなどを、求人情報を使って整理してみてはいかがでしょうか。

 

求人情報の詳細をチェック

求人サイトやハローワークの求人情報には多くの表示項目がありますが、今回は私が見るポイントのいくつかを紹介します。

  • 事業内容 職種だけを見るのではなく、どのような事業をしているのかを見ます。
  • 賃金   賃金総額と基本給。賞与は基本給の額が基準となることが多いです。
  • 従業員数 企業全体の人数や、就業場所の人数がわかります。女性人数があれば男女比率、パート人数があれば正社員の数がわかります。
  • 加入保険等    特に非正規(契約社員・パートなど)の場合、加入内容を確認しましょう。
  • 定年制・再雇用  中高年の場合、大事な項目です。
  • 必要な経験    求められるスキルがわかります。今からできる経験もあるかもしれません。
  • 特記事項/備考  重要なことを記してある場合があります。

多くの項目が掲載されていますので、まずはザッと眺めるだけでもいいと思います。気になる企業の求人があれば、詳しい情報がつかめます。その企業の求人が無かったとしても、同業の企業の求人を調べることで、自分なりの基準や見る目が増すと思います。

 

「サイタス」の動画で企業のイメージをつかもう

このコラム「転職ノウハウ」が掲載されている「サイタス」の企業動画も、企業のイメージをつかむのにおすすめです。実際に働いている従業員が話している姿を見ることができるので、自分に重ねてイメージしやすいと思います。求める人材・職場の魅力など、詳しい求人情報が掲載されているので、仕事を探す人にとって役立つと思います。

 

ハローワークのインターネット求人情報も便利

パソコンやスマートホンでハローワークの求人を確認できる「ハローワークインターネットサービス」も便利です。ハローワークの窓口で相談もできるので、転職活動中の方には利用価値の高いサービスです。職種・賃金総額・時間だけでなく、企業情報(事業内容・従業員数・加入保険)、労働条件(手当ての内容・年間休日数・マイカー通勤・求められる学歴・資格・経験)などもわかります。

 

まとめ

自分から積極的に情報を得てみませんか?

同じ業種でもいろいろな企業があると思います。事前に求人や、企業・業界のことを調べてみると、自分にとって、プラスの情報だけでなく、マイナスの情報も載っているかもしれません。それらを踏まえて判断・整理することで、自分にとってよりよい求人に近づけるかもしれませんし、「こんなはずじゃ無かった…」ということを少しでも避けられるのではないかと思います。

与えられた情報だけでなく、自分から積極的に調べてみて、それを元に自分の基準を持っておきませんか。自分のこととして調べることで、求人情報を通して、自分自身の働く動機が見えてくると思います。皆さんと企業とのいい出会いにつながることを願っています。